新築を購入するなら一戸建てかマンションか。それぞれの特徴を掴もう!

公開日:2021/12/01   最終更新日:2021/11/16


「新築で購入したいけれど、一戸建てかマンションにするか迷う」と悩んではいませんか?そんな方はまず、新築一戸建てと新築マンションそれぞれのメリットとデメリットを比較することがおすすめです。双方のよい面と悪い面を知れば、選択してから後悔する可能性が低くなります。これから新築の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

一戸建てを購入するメリット

一戸建て最大のメリットは、音によるトラブルが起きにくい所にあります。マンションと違って隣近所が壁1枚隔てている訳ではありませんので、多少大きな音や大きな声を出してしまっても迷惑がかかりにくいでしょう。ペットなども誰の許可を取らずに自分達の判断で買えますし、好きな時に誰かを泊めることも気兼ねなくできるため、非常に自由度が高いタイプの住まいといえます。

また1度購入をしてしまえば、マンションのように管理費や修繕積み立て比などを別途で支払う必要はないため、お金もトータルで考えると安く抑えられます。新築で一戸建てを建てる場合、自分の好きなように間取りなどや設備導入ができる点も大きなメリットです。駐車場を作れば駐車場代のような月々支払う費用も節約できるため、結果的にコスパがよい物件といえるでしょう。

一戸建てを購入するデメリット

一戸建ては自由度が何かと高い反面、デメリットもあります。まずセキュリティ面です。一戸建てとマンションですとどうしても空き巣に狙われやすいのは一戸建ての傾向にあります。マンションのようにいろいろな人が行き交いして人目につくこともなく、玄関のドアや窓さえ開けてしまえばすぐに侵入できてしまいるため、その点は気をつけないといけないでしょう。

また一戸建ては自分自身で管理をしないといけない部分が難点ではあります。たとえば庭を作る場合、庭の雑草などを自分でメンテナンスしないといけませんし、家の壁が壊れてきたなどあれば自分でやるかプロに依頼をするしかありません。このように自由度はあるものの自分達のことを自分達で管理しないといけない部分もデメリットの1つとしてあげられます。

マンションを購入するメリット

次にマンションについてお話していきます。まずはマンションのメリットについてですが、やはりマンション一番のメリットといえば、共有部分を管理してくれる管理人がいることでしょう。廊下やエントランスなど普段自分達が使っているマンションは大抵の場合、毎日のように管理人さんがメンテナンスをしてくれているため、綺麗に保たれています。また何かあったときにもすぐに相談できるため、非常に安心感があるでしょう。マンションによっては24時間ゴミ出しOKな物件もあり、ゴミの管理も手軽に行えるのが魅力です。

次にマンションはセキュリティ面もある程度しっかりしているところがメリットといえます。一戸建ての場合はよほどのことがない限り、玄関と窓の部分を突破できれば家に侵入できますが、マンションの場合はまずエントランスに入るためにオートロックを突破し、廊下を歩いて、そこからマンションのカギを開けるという何重にも手間がかかる作業を行わないといけないため、空き巣もマンションを狙うことは滅多にありません。窓から侵入するにも階数が高めの場所に住んでいるようであればほとんど不可能といえるでしょう。

セキュリティ面でいえばマンションの方が何かと安心して暮らせます。さらにマンションはコミュニティが築きやすいのも魅力です。同じマンションの住人というだけで共通点があるため話しかけやすく、ママ友やパパ友、子ども達同士のコミュニティも築きやすいでしょう。

マンションを購入するデメリット

反面、マンションは騒音トラブルが起きる可能性が高い点がデメリットとしてあげられます。一戸建てとは違い隣上下に壁1枚隔てて人が住んで居る状態ですので、ちょっとした音が騒音トラブルにつながる可能性もあるでしょう。小さな子どもが跳ね回ってしまって、下の住民に迷惑をかけるという恐れもあります。一戸建てに比べるとこの点はよくトラブルが起きやすいため注意が必要です。

またマンションの場合、メリットに記載したコミュニティが作りやすいという部分は、一転してデメリットに転がる可能性もあります。たとえばコミュニティで反りが合わない人が居た場合、コミュニティから仲間はずれにされてしまったり、気まずい思いをする可能性もあるでしょう。

一戸建てに比べるとマンションでのコミュニティ意識が高いファミリーは多いため場合によっては気まずい環境になる可能性があります。また一軒家とは異なり駐車場代金が別途発生する所が多い点も難点といえるでしょう。

まとめ

一戸建てとマンションはそれぞれに、メリットとデメリットがあります。どちらがよい、どちらが悪いということではなく、それぞれ向き不向きがありますので、自分達に合った住宅を選択できるように比較する必要があるでしょう。コストの面などトータルバランスを考えて、無理なく楽しく暮らせるタイプを選んでみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

マイホームを建てるとき、どうしても、間取りや設備、デザインなどにかかる建築コストに目が行きがちです。しかし、住宅会社を選ぶときにもう一つ重要なのが、アフターフォローの充実度です。この記事では

続きを読む

注文住宅を建てるとき、間取りを考えるなかでも頭を悩ませるのが「収納」です。しかし、実際にそこで生活をしていない段階で、どのくらい収納が必要かどうかを考えるのはなかなか難しいですよね。しかし、

続きを読む

新築一戸建てを建てるとき、子どもがいるご家庭では「子ども部屋をどのくらいの広さにするか?」悩む方は多いのではないでしょうか。なるべく広い部屋にしてあげたいという思いはありながら、土地の大きさ

続きを読む

建築基準法に則って建てられている木造住宅であれば、震度6または震度7の地震が発生しても家が倒壊することはありません。また、地震に強い工法で建てられているので、経年変化により耐震性と耐久力に不

続きを読む

未就学児の子どもがいる家庭では、足音や泣き声、騒ぎ声が大きくて、近隣住民に迷惑をかけていないか気になってしょうがないでしょう。だからといって、子どもに話をしないように伝えるのも教育上よくない

続きを読む

マイホームを購入する際、予算の立て方がわからない、無理のない予算計画を立てたいなど、予算の決め方で悩む方も多いのではないでしょうか。住宅ローンを利用する場合、返済期間は長期にわたるため、無理

続きを読む

住宅の質を左右する要素のひとつに、外壁材が挙げられます。外壁材の選択肢のなかには必ずサイディングが含まれることでしょう。サイディングは住宅外壁の主流なのです。ここではサイディングの特徴・メリ

続きを読む

マイホームを夢見る方の大きなハードルとして、住宅ローンの審査があります。はじめての審査なら何を準備しておけば通りやすいのか、不安な要素が多いことでしょう。ここでは審査の大まかな流れや申し込み

続きを読む

そろそろ夢のマイホーム、新築一戸建てを買おうと考え始めたら、まず知っておきたいのが、分譲・建売・注文住宅の違いです。土地選び、価格、デザインの自由度など多くの点が異なります。それぞれの特徴を

続きを読む

新築一戸建てのマイホームを建てたいと考え始めたら、最初の課題が土地選びです。どんな地域のどんな場所に住みたいか、まず選ばなければなりません。通勤・通学・お買い物の利便性、治安のよさなど、家族

続きを読む