子育て世帯必読!家の防音性を高めるためには何をすべき?

公開日:2022/09/15   最終更新日:2022/09/21


未就学児の子どもがいる家庭では、足音や泣き声、騒ぎ声が大きくて、近隣住民に迷惑をかけていないか気になってしょうがないでしょう。だからといって、子どもに話をしないように伝えるのも教育上よくないのではと思ってしまいます。そこで今回は子育て世帯が注文住宅を建てるときのポイントを紹介します。あらかじめ対策しておきましょう。

ストレスやトラブルの原因にもなる騒音

騒音だと捉える人もいれば、騒音だと捉えていない人もいます。感じ方は人それぞれなので、きちんと配慮するようにしましょう。

ストレスの原因にもなる騒音

誰でも自宅では快適に暮らしたいと思っていますが、騒音がたびたび発生するとストレスが蓄積されるものです。騒音は、人の話し声だけではなく足音や家電の音も含まれます。とくに、生活スタイルが極端な朝型や夜型の人が深夜や早朝に音を立てるとストレスで眠れなくなってしまいます。日中も子どもの泣き声や騒いでいる声などが響き渡ると、在宅ワークをしている人は仕事に集中できなくなるでしょう。

トラブルの原因にもなる騒音

このような状況が連続して発生すると、近隣住民のトラブルに発展する可能性があります。最高層のマンションの部屋に住むと騒音がしないから快適に暮らせると話す住民がいますが、その住民の階下で暮らす家族は、最高層のマンションの部屋に住む住民の生活音に悩まされているという話は珍しくありません。事実、騒音が原因で日本でも悲しい事件が発生しているので、自分では気を付けているつもりでも、さらに気を付けるくらいが丁度よいのかもしれません。

住まいの防音対策は2種類の方法がある

ホームセンターや家電量販店で販売されているものでも効果はあります。

室内の音を外部に漏らさない方法

音を遮る素材を使用して、室内の音を外部に漏らさない方法があります。電話や家族の会話はとくにプライバシー保護に努めなくてはいけません。近隣住民に会話を聞かれたいと思う人はまずいないでしょう。

そこで、鉄板やコンクリートなどを素材として、室内の壁や間切りに設置すると、これで音による振動が伝わりにくくなります。鉄板やコンクリートなどの素材はホームセンターなどで購入できますが、もっと手軽に失敗せずに防音対策したいという人は、カーテンを活用しましょう。厚手のカーテンのような吸音材を使用することで、防音対策になります。厚手のカーテンはホームセンターまたは家電量販店で販売されていますよ。

外部の騒音を遮断する方法

工事音や誰かの話し声は、一度気になるとずっと気になってしまいます。在宅ワークにも支障が出るかもしれません。簡単な方法として、厚手のカーテンを取り付ける方法がありますが、根本的な解決に至らないことがあるでしょう。

そこで、アルミやグラスウールなどの防音性の高い素材を使用した外壁や内装のリフォームが有効です。先ほどの厚手のカーテンと比較すると根本的な解決に至ります。

防音性を高めるためにできること

子育て世帯が注文住宅を建てるときは、防音性を高めておきましょう。

壁、床、天井を二重構造にする

こちらは、生活で発生する騒音を低減する効果があります。最近の注文住宅では防音性にも力を入れているので、こちらの方法を採用しているハウスメーカーは多いです。テレビの音や話し声が伝わりにくくなるので、プライバシーも保護されます。

仕切りの下地に防音材を埋め込む

こちらは、断熱効果も期待できます。カビの発生を抑えられるので、結露ができなくなるでしょう。吸音材を下地に埋め込むことで、さらに防音性が高まります。

排水管に防音材を巻く

排水管を流れる水や湯の音も気になります。トイレ、浴室、キッチンの音はできるだけ聞かれたくありません。そこで、排水管に防音材を巻くことで、音が外部に漏れにくくなるでしょう。

音楽や映画が趣味の方にも防音性は必要!

自分の好きなことを楽しむためには、きちんと対策しましょう。

ドラムを演奏するときの対策

床に4種類の防音材を敷くことで、ドラムを演奏したときの振動を軽減する効果があります。吸音材のウレタンマット、制振材のアンダーホワイトマット、防振材のP防振マット、防音カーペットの静床ライトの順番で設置するとよいでしょう。防音材の床にマットを敷いても、ドラムが不安定になることなく演奏にも支障がありません。これにより、ドラムを演奏するために防音室をレンタルして演奏する手間が省けます。

ピアノを演奏するときの対策

壁の対策としてワンタッチ防音壁、床の対策として静床ライトを使用します。ワンタッチ防音壁を使用するときは、塩ビジョイナーとボンドテープがあると便利です。ピアノ演奏でペダルを踏むときに、静床ライトが振動に耐えられるか心配する人もいるでしょうが、振動が軽減されているので演奏に支障を感じさせません。

まとめ

騒音はトラブルの原因になるので、あらかじめ対策しておきましょう。そのための費用は必要ですが、生活音が外部に漏れないのでプライバシーの保護につながります。また、騒音は決して子育て世帯だけの問題ではなく大人も認識しなければいけません。とくに日本は北米などとは違い、隣家との間隔が狭いので音が響いてしまっていることがあります。長い間快適に暮らすためにも防音対策を万全にしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

新築一戸建てを建てるとき、子どもがいるご家庭では「子ども部屋をどのくらいの広さにするか?」悩む方は多いのではないでしょうか。なるべく広い部屋にしてあげたいという思いはありながら、土地の大きさ

続きを読む

建築基準法に則って建てられている木造住宅であれば、震度6または震度7の地震が発生しても家が倒壊することはありません。また、地震に強い工法で建てられているので、経年変化により耐震性と耐久力に不

続きを読む

未就学児の子どもがいる家庭では、足音や泣き声、騒ぎ声が大きくて、近隣住民に迷惑をかけていないか気になってしょうがないでしょう。だからといって、子どもに話をしないように伝えるのも教育上よくない

続きを読む

マイホームを購入する際、予算の立て方がわからない、無理のない予算計画を立てたいなど、予算の決め方で悩む方も多いのではないでしょうか。住宅ローンを利用する場合、返済期間は長期にわたるため、無理

続きを読む

住宅の質を左右する要素のひとつに、外壁材が挙げられます。外壁材の選択肢のなかには必ずサイディングが含まれることでしょう。サイディングは住宅外壁の主流なのです。ここではサイディングの特徴・メリ

続きを読む

マイホームを夢見る方の大きなハードルとして、住宅ローンの審査があります。はじめての審査なら何を準備しておけば通りやすいのか、不安な要素が多いことでしょう。ここでは審査の大まかな流れや申し込み

続きを読む

そろそろ夢のマイホーム、新築一戸建てを買おうと考え始めたら、まず知っておきたいのが、分譲・建売・注文住宅の違いです。土地選び、価格、デザインの自由度など多くの点が異なります。それぞれの特徴を

続きを読む

新築一戸建てのマイホームを建てたいと考え始めたら、最初の課題が土地選びです。どんな地域のどんな場所に住みたいか、まず選ばなければなりません。通勤・通学・お買い物の利便性、治安のよさなど、家族

続きを読む

一戸建てを新築するとき、地盤調査後にまず行われるのが基礎工事です。家の土台となり、耐久性や住み心地にも関わってくる重要な工程ですが、よく分からない人も多いのではないでしょうか。自分の大切な家

続きを読む

新築一戸建ての内部の印象を左右する内装。ここに打ち合わせの時間を多く割く方は多いです。「内装の種類が多くて決められない」「家具との調和性がイメージできない」等、悩みは尽きません。ここでは新築

続きを読む